ドリンクボトル異臭騒ぎ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ボトルが臭い。その臭いが水にも移って不味い。時間が経って外気温で温まってしまうと、さらにヤバいことに。

(´ж`;)ゥ・・ゥップ・・・

2か月程前からヴァームウォーターパウダーを水に溶かして使うようになったあたりからほのかに臭うようになり、 先日の富士チャレンジ200の後から顕著に臭いが酷くなった。

スティック入りのパウダーを水に溶かして使用する

ちなみに富士チャレで使ったボトルはミニボトルを合わせて以下の4本。ミニボトルにはゼリーを詰め、左の大きなボトルには水を。真ん中の黒いボトルにはヴァームウォーター、右の黒いボトルにはアミノバイタルを溶かして詰めた。

当日は35℃を超える猛暑日の中のロングライド。レース中ボトルの中身はお湯になってしまい、特にアミノバイタルを詰めたボトルは危険な味になってた。結局そのボトルはピットイン時に置いていき、一口飲んだだけで使うことはなかった。

レース後は疲れ果てて後片付けの気力も無く、この状態で丸2日間放置。(今思えばこれが致命的だったのかもしれない) その後、食器用洗剤で洗ったけど、こびりついた臭いは落ちず、特にアミノバイタルを詰めた方のボトルが酷かった。

黒・赤のデザインが気に入って1年以上愛用しているAblocのボトル。黒っぽい外見のため黒カビに気づかなかった模様。

ぎゃ~~~!!!

そんなときネットで食器用漂白剤(塩素系)が有効との記事を見つける。ボトルは定期的に漂白洗浄しないとダメみたい。特にスポーツドリンクの類が残っているとカビの恰好のエサになってしまうらしく、通常の洗剤では落ちないらしい。

キッチンハイター うちにもあったのね。

ロードバイク歴4年目にして初めて漂白洗浄しました(^_^;)

まる一晩つけ置きした結果、臭いが消え、もとの爽やかな水の味に戻りました!

ただ、アミノバイタルを詰めた臭いがきつい方のボトルは何度漂白洗浄をしても(濃度を上げても)臭いがとれず。 気に入っていたボトルなだけに残念だけど破棄することにしました。

衛生面を考慮すると、ボトルは洗いやすく汚れが目立つ白か透明が良いかもしれませんね。それも定期的に交換していくこと。改めてボトルは消耗品だってことを痛感しました。

最後までご覧いただきありがとうございます。自転車ブログランキングに参加中です。ポチっていただけると今後の励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする