病み上がり西多摩の峠3連コンボ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GW終盤は腸炎でダウン。ひどい下痢だったけど、最終日ぐらい走っておこうと、朝までに全部出し切ってお腹の調子を整え出発。都民の森、時坂峠、梅野木峠のはしごにチャレンジしてきました。

都民の森

最初は都民の森(檜原村役場前交差点~都民の森)へ。約20kmのヒルクライムコースで、月末に控えている榛名山ヒルクライムの練習にもちょうど良い。

ただ、檜原村役場からアタック開始後すぐにいつものパワーが出ないことに気づく。アップダウンへの反応速度も遅い。さらに後半お腹が痛み出してペースダウン。結局自己ベスト4分落ちでゴール。コースが長いと体調の良し悪しが大きなタイム差に表れると痛感・・・。

都民の森への入り口。自転車で来れるのはここまでで、この先は登山コース
駐輪場に到着直後、多くのローディの皆さんの目の前で足が攣って恥ずかしい思いを(>_<)
タイムは55:26で自己ベストから4分落ち。本日のリーダーボードでは6位(5/6 21:00現在)

時坂峠

都民の森を後にし、檜原街道を下って次は時坂峠へ。ここを訪れたのは3回目。都民の森のダメージが残るなかヒルクライム開始。

平均勾配は8%だけど、時折現れる13~15%級の坂に脚が削られる
木陰の区間が多く、暑くなるこれからの時期は良いかも
坦々とペダルを回して頂上に到着。峠の茶屋の看板が目印

残念ながら自己ベストから30秒落ちだったけど、都民の森の直後ということを考えると上出来かな?今度はフレッシュな状態で臨みたい。

頑張ったご褒美の美しい頂上からの景色
頂上には水場も。全力ヒルクライムで火照った身体をクールダウンできるのはありがたい。
タイムは15:29で自己ベストから30秒落ち。本日のリーダーボードでは1位(5/6 21:00現在)

ただ、ここで脚にとどめを刺してしまったようで、この後地獄が始まる・・・

梅野木峠

最後は梅野木峠へ。東京ヒルクライムHINODEステージのスタート地点である岩井橋からアタックを開始したものの、やはり全然踏み切れず、 普段ではあり得ない場所で足をついてしまい、 つるつる温泉の手前の5km地点で無念のリタイヤ。梅野木峠とは書いたものの、実際は梅野木峠に入る手前でのDNFとなってしまった・・・。

トレーニングログ

今回はヒルクライム3連コンボで完全にノックアウト。家までの帰り道が地獄だった。「脚が終わる」とはまさにこういうことを言うんだろうね。やはり、全体行程を考慮したペースマネジメントが大事。あと、100km以上のロングライドに耐えられるスタミナを身に着けることも必要だ。

コメント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする