富士ヒル試走、黄金聖闘士への道は険しい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有休を取って中西さんと富士ヒル試走へ。今年の目標はゴールドリング獲得(65分以内)! 去年も試走、レースで計3本走ってるけど、この1年間の練習の成果をレース本番前にちゃんと確認しとかないとね!

ハイエースに2台積みして富士北麓公園までワープ

中西さんとは先日梅野木峠に行く途中で知り合った仲。何気ないきっかけからこうやって一緒に走ることになるのもロードバイクの醍醐味です。

スタート地点 富士スバルライン料金所
彼は生粋のクライマー。梅野木峠であっさり千切られました・・・

試走開始。全長24kmとヒルクライムとしては長いコースなので、試走とはいえ一本勝負。ちなみに去年は試走で2本走ったけど、2本目は脚が使い物にならずあまり意味がなかったんです・・・

序盤はポジションを入れ替えながらお互い様子見。

と言いつつも、パワーメーターは300W(5W/kg)オーバー。 そんなパワーがいつまでも維持できるわけもなく、

中盤あたりからペースが上がってじわじわと離され、17km地点あたりで一気に千切れた。

せっかく一緒に走りに来たのにほぼ一人旅。やっぱり一人で走ると無意識のうちに甘えが出てサボってしまう。

平均心拍数は146bpmと低く、全体的に追い込めていない。

終盤の平坦区間もあまり踏めておらず、ラストの急坂もサイクリングペース。

身体は悲鳴をあげていたけど、精神的には(悪い意味で)余力を残した状態でフィニッシュ。

ゴールの富士山五合目

stravaセグメントでは1:09:34で自己ベスト更新。本番計測区間タイムに換算すると1:11(71分)ぐらいでシルバーペース。 去年のレースタイムは上回ったものの、 ゴールド(65分)には遠く及ばず、精神面の弱さが露呈した試走でした。
ただ、レース本番前にそれが分かったことは大きな収穫だったと思います。本番パワーでどこまでタイムを縮められるかがポイントになりそうです。

名物の富士山めろんぱんで補給してから下山

中西さん、一緒に走ってくれてありがとうございました。レース本番も頑張りましょう!

私より6kgも軽い。まずはダイエットが必要だな・・・

 


最後までご覧いただきありがとうございます。自転車ブログランキングに参加中です。ポチっていただけると今後の励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。