第16回Mt.富士ヒルクライム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年間、この日のために頑張ってきました。先月の榛名山ヒルクライムも富士ヒルのため。去年は 1時間12分25秒21で シルバーリング (75分以内) をゲット。初参加としては上出来すぎる結果でした。今年の目標はもちろんゴールドリング(65分以内)。先日の試走では1年前よりも確実に成長していることを確認できたので、あとは本番で全力を出すことのみ!

 

レース前日(事前受付)

ハルヒルと同じで富士ヒルも前日受付のみ。家族には申し訳ないけど、土日2日間家をあけて単身で現地入り。

天気は晴れのち曇り。明日の天気が怪しい。
指定駐車場は富士急ハイランド。いつか家族で遊園地に遊びに行ってみたい。

駐車場からは自転車に乗り換えて会場の富士北麓公園へ。レースに備えて数日レストしてたので久しぶりのライド。片道4km弱とアップにちょうど良いルートなんだけど、 3~5%の上りなのでレース当日は踏み過ぎに注意。

と言いつつも、がっつり踏んでしまい無駄な体力を使ってしまった。明日は気をつけよう(笑)

Stravaセグメントで10位入り

受付は陸上競技場のトラック内。特に待たされることなくスムーズに受付完了。

たくさんのブースが出ていて目移りしてしまいます

景品コーナーに立ち寄ってみました。これが富士ヒルの頂点。

今年からゴールドリング(65分以内)のさらに上位のプラチナリング(60分以内)が新設されました。もはや神の領域・・・(+o+)

ゴールドリング欲しい~!!
全参加者の名前が張り出されていました
五十音順で掲載されているけど、1万人近くの一覧から探し出すのは至難の業
あった! なんか嬉しい。

富士急ハイランドの駐車場に戻って明日の準備。ゼッケンを確認するとCウェーブ(第3ウェーブ)。前回は第11ウェーブからスタートで苦戦したのでこれはありがたいです。

ゼッケンでだいたいの実力を見定められてしまうというプレッシャーも(汗)

レースに備えて入念に整備。去年から人間だけでなく機材もパワーアップ。ホイールはBOMA Th-9(カーボンディープリム)、クランクは軽量なULTEGRAにアップグレードしました。

終盤の平坦区間での最高速の伸びに期待

 

レース前日(車中泊)

整備を終え、会場近くの道の駅へ移動。先月のハルヒルでは旅館に泊まって贅沢しちゃったので今回は質素に車中泊です。

同じく自転車を積んだ車がいっぱい
ハイエースワイドボディはロードバイクを横に積めるので車中泊のとき便利
ベッドが無いので通路に布団を敷いて寝ます
ちなみに夕食はお手製の弁当。お小遣いの中でのレース参戦は何かとたいへんなのです。

さて、最大の問題は明日の天気。予報だとギリギリ持ちそうだけど、どうなることか。はやる気持ちを抑えながら21時には就寝・・・

去年みたいに下山時に降られるパターンか?

 

レース当日

残念ながら天気予報は見事に外れて早朝から雨。余裕を持って富士急ハイランドの指定駐車場に移動し、雨装備でスタート地点の富士北麓公園へ向かいます。

結構早く行ったのにCウェーブには長蛇の列が

 

ここでトラブル発生!

計測チップ忘れた・・・(ToT)

富士ヒルの計測チップはフロントフォークに取り付けるタイプではなく、足に巻きつけるタイプ。雨対策のシューズカバーに気を取られて取り付けるのを忘れてしまいました。

足に巻きつけたマジックテープの内側に計測チップが埋め込まれている

計測チップは4km先の富士急ハイランドの駐車場に止めているハイエースの中。雨の中来た道を下って計測チップを取りに戻る。もちろん駐車場から富士北麓公園までのヒルクライムは全開。自己ベストを更新してしまったのは言うまでもなく、結局12km以上アップしてしまった。

スタートには間に合ったものの、Cウェーブの最後尾からスタートとなってしまいました(泣)

まぁ、自業自得ですね・・・

 

レース本番

気を取り直してレースに集中。号砲とともにCウェーブが一斉にスタート。富士ヒルはスタート後1kmぐらいはパレードランなので気が楽。ウェットコンディションだしスタートの直後の落車に巻き込まれるのだけは後免。計測開始地点までにしっかり位置取りをしてアタック開始に備える。

序盤はできるだけ大きな集団にくっついて脚を温存。二合目あたりから自分と同じぐらいの脚の人を見つけ、はしごしながらポジションを上げていく。

標高が上がるにつれて雨脚が強くなり視界も悪くなる。前走車が巻き上げる水しぶきで視界は最悪。水しぶきがダイレクトに口に入ることも。まぁ、そのおかげで水分補給の手間が省けましたが(笑)

三合目からはとにかく前へ!前へ! 気づけば自分の後ろにトレインができている状態に。ある程度同じペースの人で集団が固まってしまい膠着状態。

えー 誰か先頭変わってよー!!(>_<)

四合目を目前にしたあたりで身体に異変が。寒さで手足が悴んで感覚が麻痺。スタート地点では12℃以上あった気温が6℃まで低下し、雨で濡れて体感はそれ以下。全て夏装備だったのがまずかった。

最後の平坦区間も足の感覚がなく最高速が伸びなかった。さらに平坦区間の終盤にサイコンで65分のタイムを見てゴールドリングに届かなかったことを確認してしまい、ゴール前スプリントでもがけなかった。

大幅に自己ベスト更新するも、失意のままフィニッシュラインを通過。

五合目のゴール地点は霧がすごかった

 

レースリザルト

1時間6分44秒52で残念ながら目標のゴールドリングには約1分45秒足りませんでした。とはいえ、去年から自己ベストを約6分短縮できたのは大きな成長。 反省点はたくさんありますが、悪天候の中全力を出し切りました。これが現時点での自分の実力です。

2年連続シルバーリング獲得

富士ヒル公式リザルトによると、男子35〜39歳 19位/897人(2.1%)男子総合 126位/6,964人(1.8%)でした。ヒルクライムを始めて2年、日本最高峰の公道サイクルイベントで過去最高の結果を残すことができました。現状に満足せず、さらに上を目指していきたいと思います。

来年こそ黄金聖闘士になるぞ!

 

走行ログ

平均出力は249W(4.4W/kg)で去年より約10W向上

最後までご覧いただきありがとうございます。自転車ブログランキングに参加中です。ポチっていただけると今後の励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。