親子ライド50km(浅川サイクリングロード~豊田車両センター)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分のヒルクライムレースやテンマのランバイクレース等で約1か月ぶりの親子ライド。電車好きだけど基本インドア派のテンマをどうやって外に連れ出そうかと考えて選んだのが今回のルートです。

目的地は豊田車両センター。JR中央線豊田駅の近くにある車両基地で、いろんな車両が見れるだけでなく、近くには撮り鉄達の間でも有名な撮影スポットがあります。

今となっては貴重な201系中央線車両が保存されています

普段は車や電車で行ってるけど自転車で行くのは初めて。まだ小学1年生なので車通りが多いルートは避けたい。地図をよく見ると、多摩川サイクリングロード→府中四谷橋→浅川サイクリングロードのルートを使えば、ほぼ一般道を使うことなく目的地にたどり着けるじゃないですか!昭島から豊田なので、かなり遠回りになるけど、サイクリング距離を稼げるってのが尚Good!

多摩川サイクリングロード~府中四谷橋

いつも通り昭島から多摩川サイクリングロードを下って府中方面へ。天気は曇りで、暑くもなく寒くもなくとても良いコンディション。

そろそろサイクルジャージ買ってあげないとなぁ・・・
府中四谷橋
こうして見ると多摩川って広い
何気に自分も府中四谷橋を渡って浅川方面に行くのは初めて

浅川サイクリングロード

府中四谷橋のあたりで多摩川と浅川が合流。ここから浅川サイクリングロードがはじまります。

初めての道でドキドキ、ワクワク
多摩都市モノレールの下をくぐり抜けて南西へ
多摩川サイクリングロードより道幅が狭いけど、交通量は少な目で走りやすい

京王線高幡不動検車区

途中、 浅川サイクリングロード沿いに京王線の高幡不動検車区を発見。ここから鉄道ウォッチングモードへ。

浅川サイクリングロードのすぐ横を京王線が走っています
高幡不動検車区の奥に見えるのが高幡不動
周りは柵や塀で囲まれていて中を見ることは難しい
民家と隣接している高幡不動検車区
検車区に入る手前の小さな踏切
三角地帯になっていて小さな踏切が二つ設置されている珍しい風景
高幡不動検車区に隣接しているローソンから撮影。絶好のポイントです。

ん?ちょっと珍しい車両を発見!DAX (Dynamic Analytical eXpress) の愛称で知られる京王クヤ900形電車。初めて見ました!

架線や軌道を検査する事業用車。言わば京王線版ドクターイエロー

浅川サイクリングロード~浅川鉄橋

寄り道は程ほどに、浅川サイクリングロードに戻って目的地を目指してRide on! 浅川サイクリングロードは、右岸→左岸→・・・と橋を渡ることが多く慣れるまで難しいけど、きれいに整備されていて走りやすい道です。

ん?サイクリングロード沿いに見覚えがある広場を発見

今からちょうど3年前、テンマが3歳の頃にFIRST KIDS Meetingで利用させていただいた日野市1号公園グラウンドでした。まさか自分の足でこんなところまで来るとは夢にも思ってなかったでしょう(笑)

ストライダーが好きで好きでたまらない時期でした。懐かしい~

懐かしの日野市1号公園グラウンドを後にしてさらにグングン進むと、左岸側の終点(?)の浅川鉄橋に到着。

左岸側の舗装路はここまで
近くで中央線が見れて良い感じ

だけど、テンマ曰く「事前に調べた撮影スポットと違う!電車が遠い」と。どうやら左岸と右岸を間違えたみたい。というわけで、少しばかり引き返して右岸側の鉄橋に移動。

右岸側の鉄橋。確かに近い!子連れの方も多く、サイクルジャージ姿は若干浮きます(笑)
真横を電車が通り過ぎるド迫力!

ここからしばらく鉄道撮影タイム。もっと自転車で走らせたいところだけど、これをエサに(?)連れてきてるので約束は守らないとね(笑) 私の一眼レフを使ってバシャバシャ撮ってました。以下、テンマの代表作です。

E353系特急列車 子どもならではのローアングルからの構図が特徴的
E233系中央線 こちらもローアングルから
自転車とE233系 こういった構図も自分で考えるようになってきたみたい
サイクリングロードの上を走るE233系 何気ない風景を撮ることを覚えたようだ
線路に近いこの場所ならではの写真
定期運用からは引退したE257系が臨時列車として走行。ラッキーでした。

うーん・・・ 我が子ながら良く撮れてると感心。最近、鉄道写真家の中井精也氏に影響されている模様。

サイクリングに時刻表を持参
のんびり弁当を食べながら鉄道を眺めるのが大好き

テンマの鉄道好きは1歳の頃からブレずに続いていますが、6歳にしてもはや親の自分がついていけない領域に入りかけてます(^^;)

豊田S字カーブ&平山大踏切

浅川鉄橋での鉄道写真撮影を堪能した後は、もうひとつの撮影スポット「豊田S字カーブ&平山大踏切」へ。鉄道ファンの中では超有名な場所みたいですね。ここは豊田車両センターに来たら毎回立ち寄っています。

先客の鉄ちゃんがいました。小学6年生とのことで、とても知識が豊富でした。

以下、テンマが撮った写真です。

211系 中央本線 ガードレールの下から撮るのがテンマ流らしい
130周年記念のラッピング車両が来なかったのが悔しくてモノクロで撮ったらしい
このカーブはゾクゾクしますね。
有名なアングル。S字を走るE353のウネウネ感がたまりません。

豊田車両センター

ようやく目的地の豊田車両センターに到着。少し前まで側道が工事中で中を覗くことができなかったんですが、工事が完了してきれいな側道ができあがっていました。

広い側道と立派なフェンスに囲まれた豊田車両センター
フェンス越しでもうまくレンズを合わせれば写真は撮れます
テンマが大好きな中央線を走る電車達
現在2編成のみ運行中の209系1000番台
久しぶりにここで憧れの中央線オールスター達と出会えてご満悦

豊田車両センターに来るときはいつも徒歩で移動だけど、今回は自転車。見たいスポットに気軽にかつスピーディに移動できるのは嬉しい。ちょっとこれはクセになりそうです(^^;)

最後に

結局、サイクリングと言いながらも出発して帰宅するまで8時間の半分ぐらいは鉄道ウォッチングでした。走行距離としては50kmと少なめ。まぁ、好きで乗ってくれるならこういうのもありかな?ずっと親主導でやってきたランバイクレースとは違って、自転車に関してはテンマのペースに合わせながらボチボチやっていきたいと思います。

おまけ。帰路の多摩川サイクリングロードでも中央線の写真をパシャリ。

自転車で負けることは当分ないだろうけど、鉄道写真の腕前は近いうちに抜かれるだろうなぁ・・・

コメント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする