Mistral Cycle Xross Games第3戦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月17日、埼玉の吉見総合運動公園で開催されたMistral Cycle Xross Games第3戦に参戦。天馬のデビュー戦を兼ねて親子でエントリーしていたのですが、前夜にまさかの発熱で天馬はDNS。自分自身も朝一のCX60クラス(60分間レース)のみ参加して早々に帰宅。残念ながらその後のダート競輪、CX40およびCX20はDNSでした。

天気は晴れ。コースもドライで最高のコンディション。

人生2回目のシクロクロスレース。前回は借り物のバイクでの参戦でしたが、今回は自分のバイクでの参戦。スペック的にはかなり劣るけど、この3か月間通勤を中心に2,000km以上乗って身体に馴染んできたGIOS NATURE。どこまで戦えるか!?

いわゆる入門用シクロクロスバイク。アルミフレームで重量は9.7kgとやや重め。

CX60クラス(60分間レース)

今回はCX60クラス一本勝負。体力を温存する必要はないので全力を出し切ります。最初からガンガン行くよ!

前回の反省を踏まえ、スタートは最前列をキープ。(Photo by 大島様

とはいうものの、やはり上位2人は格が違い、序盤早々に千切られてしまう。以降は3〜4人の集団を形成して3位争いが勃発。

何気にシクロクロスのコースはレイアウトがミニバイクコースみたいで結構好き。(Photo by 大島様

その中でも自分はゴール手前の2連シケインの処理がダントツで下手くそ。シケインで離され、ストレートで追いつくという展開の繰り返し。

シケイン前の降車、担ぎ、シケイン後の乗車という一連の動作がダメダメ。(Photo by 大島様

苦手なシケイン。バイクの担ぎ方が分からずシケインにタイヤが当たってロスすることも。

シケインが遅いのは他人から見ても明らかで、ラストラップで後続から狙われ、最後の最後で刺されました。敗因はシケインの練習不足。・・・というか、そもそもシクロクロスの練習経験ゼロ。ナメてますね・・・

ペダルを回す力は残っていても、自転車を担ぐ力が残っていないというジレンマ。(Photo by 大島様

自転車を担いで走るパワー不足も顕著で、後半は疲れて自転車を持ち上げ切れず、長丁場のレースになればなるほど機材の重さが効いてくることを痛感しました。

とはいえ、結果は5位/21人(21%)と過去最高記録。3位表彰台が見えていた中、悔しい結果ではあったけど、60分間の長丁場のレースをタレることなく走り切れたことは、これから始まるロードレースシーズンに向けた自信になりました。来シーズンは人馬ともに万全の状態で臨みたいと思います。

レース後にランバイク仲間の紺野さんと。親子でエントリーされていました。来シーズンはうちも親子で出たいな。

コメント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする