湘南シクロクロス第2戦(開成水辺スポーツ公園)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年最初のレースはシクロクロス。前回の幕張クロスは散々な結果だったので今回はそのリベンジも兼ねて比較的イージーなコースを選択。というわけで開成水辺スポーツ公園で開催された湘南シクロクロス第2戦に参加しました。

 

付け焼刃の前日練習

開成水辺スポーツ公園は幕張よりもイージーなコースレイアウトとはいえ、苦手なシケインや今回初めて経験する階段もあるということなので、事前に対策練習。

パワー勝負になるコースとのことなので芝ダッシュを10本
降車→階段ダッシュを10本

自転車を担いで階段を登るというなんとも不思議な光景。散歩中の人や、河川敷で遊んでいる子ども達の視線が若干痛かった。

ここ最近ロードタイヤに履き替えてしまっていたのでシクロクロスの練習は前回の幕張以降ゼロ。付け焼刃感が半端ないけど、とりあえず明日に向けてやれることはやった!

 

開成水辺スポーツ公園

レース当日。前回の反省を踏まえ、早めに家を出て余裕を持って現地入り。天気は晴れ。気温も上がるとの予報でレースには最高のコンディション。

7:00頃の開成水辺スポーツ公園。朝日がきれいだった。
会場は酒匂川沿いの河川敷特設コース

上流側には小田急小田原線の陸橋があり、小田急ロマンスカーを見ることも。電車好きにはたまらない。レースがなかったらずっと写真を撮っていたいぐらい(笑)

最新のGSE 70000形
東京メトロと小田原をつなぐMSE 60000形
山の向こうには富士山の姿もくっきり

 

試走

コースは全体的にフラットで芝がメインの1周2.5kmのコース。幕張とは真逆でテクニックよりもパワーで勝負する感じ。テクニックが無い自分にとってはありがたいコース。(パワーも無いけど・・・)

湘南シクロクロス公式サイトより
コース幅は広く渋滞で詰まることはなさそう

問題は初めて経験する階段セクション。降車後、自転車を担いで階段を登り、すぐに乗車して傾斜がある土手沿いを走る。

最初は土手の間にある階段を突っ切っていくのが怖かった

前のレースではこのセクションで大渋滞が発生していた。スタートダッシュを決めて、できるだけ先頭集団でここを通過することが重要なポイントになりそう。

C4Aのレースの1周目

 

レース カテゴリー4(C4B)

今回の目標はシングルフィニッシュ。欲を言うとカテゴリー3(C3)への昇格だけど、まずは一歩ずつ結果を積み重ねていくことが大事。

今回は2列目からのスタート。スタートダッシュを決めるチャンス!(Photo by 井上様)
とにかく集中。でも、スタートまでのこの時間が一番苦手(Photo by 湘南シクロクロス公式)

ホイッスルで全車一斉にスタート!

やはり2列目だと飛び出すのが難しく集団に埋もれる(Photo by 湘南シクロクロス公式)
最初の難関の階段には8番手ぐらいでアプローチ(Photo by 井上様)

階段を上りきったところで痛恨のミス。前走者に巻き込まれて落車。再スタートして乗車しようにも、土手の斜面でうまく飛び乗れず、30mほど自転車を引いて走る。この時点でおそらく13番手ぐらいまで後退。

しかしながら、中盤の芝生のヘアピンが続くSTOP & GO区間で必死になって追い上げる。日頃のヒルクライムやインターバルトレーニングの成果なのか、コーナーの立ち上がりの加速でどんどん前走者をパスできる。

自分の脚質はパンチャーなのでは?と思う今日この頃 (Photo by 湘南シクロクロス公式)

鬼門だったシケインもスムーズとはいかないものの、以前ほどのロスはなくなり、シケインで抜かれることもなくなった。

バックの富士山が綺麗(Photo by 井上様)

最後のキャンバーをクリア1周。この時点で5番手まで浮上。表彰台も見えてきた。

幕張を経験してなかったらこのキャンバーは乗車クリアできなかった

 

ところが、2周目に入りペースアップして追走モードに切り替えたあたりで歯車が狂い始める。焦りからか、芝生のヘアピンの立ち上がりでリアからスリップダウンして落車。これが何度か続き、2周目だけで単独落車3回。当然順位も落とし、おそらく7番手ぐらいまで後退。表彰台が遠のいていく・・・

不甲斐無い自分にムカついてバックストレートでは力に任せて踏みまくる! 途中、「ストレート一番速いよ、落ち着いて!」という声援のおかげで冷静になることができ、再び先頭集団に狙いを定める。

シクロクロスのストレートはヒルクライムに似ていると思う(Photo by 井上様)

2周する頃には3番手まで浮上。2番手はすぐそこ、トップはかろうじて視界に捉えられている。

ラスト1周。ここまで来たら優勝を狙いたい(Photo by 数馬様)

3周目。手堅くストレートで前走者をパスして、ついに2番手へ。

ここまできて落車だけはご法度 (Photo by 湘南シクロクロス公式)

コーナーは慎重に。その代わりストレートでは力いっぱい踏む。トップとの差は長いストレート一本ぐらい。周りの声によるとその差は15秒とのこと。

左奥の黄色いジャージの方がトップ(Photo by 数馬様)

ここまでは脚力の差で上がってこれたけど、踏めども踏めどもトップとの差が縮まらない。おそらく脚力は同等か相手の方が上。後続は引き離したけど、前も捉えられず一人旅。

このシチュエーションが一番心が折れやすくて辛い(Photo by 数馬様)

結局、トップ争いをすることはできず、大きく離されたまま2番手でフィニッシュ。2位でも自分にとっては過去最高の結果で大健闘。なのに、フィニッシュ後は悔しさと、さまざまな後悔の念でいっぱいだった。

ガッツポーズとりたかったな・・・ (Photo by 湘南シクロクロス公式)

 

リザルト

リザルトは、2位/34人で初めての表彰台。表彰台なんて16、17年前の那須ロードレース選手権(モーターサイクル)以来かも。我が子にはランバイクレースで当たり前のように表彰台を求めていたけど、本当に厳しいものだと改めて実感しました・・・

ゴール後は凹んでいたけど純粋に嬉しかった
1位とは19秒も差をつけられてしまった

なお、1位はLEOMO Bellare Racing Teamの米谷選手。Jプロツアーを走るプロ選手でした。どおりで差が詰まらないわけだ・・・ 今回シクロクロスデビュー戦だったとのことでしたが完敗でした(^^;)

 

次戦に向けて

今回の結果でめでたく上位のカテゴリー3(C3)に昇格。ようやくスタート地点に立てたという感じです。

ちなみに、タラレバを言うと今回のタイムだとC3で6位。つまらない単独落車がなければC3でも上位に食い込めたかもしれない。まぁ、現実はそんなに甘くないけど、目下の目標はC2への昇格です!

C3のリザルト

 

レースに参加された皆様、運営の皆様、そして応援してくださった皆様、ありがとうございました。次戦、湘南シクロクロス第3戦 中井中央公園に参戦予定です。よろしくお願いします。

本日の戦利品。開成の地ビール美味しくいただきました!

最後までご覧いただきありがとうございます。自転車ブログランキングに参加中です。ポチっていただけると今後の励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする