テレワーク環境アップグレード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス対策のためテレワークを始めて約2週間。急ごしらえでテレワークスペースを用意し、会社が提供するZoomやTeamsなどのツールを駆使しながらなんとか仕事できてます。そのような中、4月7日に発令された緊急事態宣言を受けてテレワーク期間が4月28日まで(実質GW明けまで)延長。さすがにこれ以上は業務効率を考えると厳しいので自宅の環境改善に着手しました。

 

現在の環境

子どもの勉強を妻一人に任せっきりというわけにはいかなくなったので、午前中は私が見ることになりました。自室にテンマ(小2)の勉強スペースを確保。

幼稚園の頃使っていたドラゼミの段ボール机を再利用
意外と二人とも仕事&勉強に集中できる。これはこれで新鮮。

 

アップグレード後

オフィスとの環境の違いはサブモニターの有無。マルチモニター環境に慣れた身にとってノートPCの小さな画面一つで作業するのはストレス。明らかに生産性が落ちているのでモニターを購入しました。

I-O DATA EX-LDQ241DB (23.8インチ WQHD)

テーブルが狭いのでスペース確保のためにモニター付属のスタンドではなく、別途モニターアーム(ガス圧式)を使用して設置。

グリーンハウス モニターアーム ガス圧式(GH-AMCD01)

また、Web会議の際、ノートPCの貧租なスピーカーでは相手の声が聞き取りづらくてストレスだったので併せてデスクトップスピーカーも購入しました。

Creative Pebble 1,980円と安価な割に結構良い音を出してくれる

完成した新しい環境はこんな感じ。机が狭いのでマルチモニターは左右ではなく上下に配置。ガス圧式のモニターアームのおかげでモニターの位置は自由自在。

明日からのテレワークが楽しみ!

 

終業後のお楽しみ

今時のPCモニターはHDMI入力対応なのでNintendo Switchとの接続も可能。リビングのテレビが使えないときは、ここでゲームが楽しめる♪

WQHD (2560×1440) の高解像度 ゲーム画面もくっきりハッキリ!

あまりに快適でPS4とFF7リメイクを買ってしまいそうだ(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする