Di2~E-TUBE PROJECT初接続

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シマノの電子シフトDi2のもう一つの醍醐味はPCとの接続。E-TUBE PROJECTという専用ソフト(Windows)を使えば細かなディレーラーの調整がPCからサクっとできちゃいます。自転車にPCを繋いでセットアップできるなんてITエンジニアとしてはワクワクしますね!タブレット版、スマホ版もありますが今回はPC版を試してみました。

Di2とPCを接続

バッテリー充電器 (SM-BCR2)を使ってPCとDi2のジャンクションAを接続します。

PCとのインターフェースはUSBポート
バッテリー充電器(SM-BCR2) は、給電だけでなくデータ通信機能も兼ねる
長めのUSBケーブルを準備しないとPCに届かないので注意

E-TUBE PROJECT起動

E-TUBE PROJECTを起動すると、自転車に接続されているユニットが認識され画面に表示されます。初めて見ると感動しますね。

黄色表示はファームウェアが古いというアラート
だいぶ古いのでこの機会にすべてアップデート
数分でファームウェアの更新は完了。お手軽!

愛機のDi2システム

シクロクロス専用に組まれたMERIDA CYCLO CROSS CANTI FRAME。こいつのシステムはちょっと特殊なので備忘録として書き記しておきます。

リアディレーラーは11速のRD-8870-SS
右側(リア用)のシフターはST-6870-R
両方ともちゃんと認識され、型式まで表示されている

ちなみにフロントシングル仕様なので、フロントディレーラーとシフターは取っ払われており、当然ながらE-TUBE PROJECT側からも認識されていません。

左側のレバーはシフター無しのシンプルなもの

E-TUBE PROJECT にはエラーチェック機能もあるので、ユニットのトラブルシューティングもPCからできます。ワイヤレスユニットを導入すれば、Bluetooth接続でスマホやタブレットから接続できるとのこと。

カスタマイズ

E-TUBE PROJECTからリアディレーラーやシフターのカスタマイズを行うことができます。このシステムでできるのは「スイッチ設定」「リアディレーラーアジャスト設定」「多段変速設定」の3種類。

残念ながらフロントディレーラーを装備していないため、「シフトモード設定」は不可。ちなみにこれはシンクロシフトと言ってリアの変速に連動してフロント側も自動的に変速してくれるという代物。

これはこれで試したかったなぁ・・・

スイッチ設定

「スイッチ設定」メニューからは、シフターのX、Yボタンにそれぞれ「リアシフトアップ」「リアシフトダウン」「フロントシフトアップ」「フロントシフトダウン」を割り当てることができます。

デフォルトはこれ。特にいじる必要はないかな。
こんな設定もできるけど、片側だけSTIだと意味なし。

Di2システムにはオプションでシフタースイッチを追加することもできるそうです。TTバイクなんかに使われているとのこと。電動ならではの機能ですね。

リアディレーラーアジャスト設定

個人的に一番嬉しいのがこの機能。通常のワイヤー式のディレーラーの場合、ネジを回してワイヤーの微妙な張り具合を見ながら最適な位置を探っていくのですが、この作業がとても苦手なんです。なかなかポジション出しがうまくいかず、

ムキーッ!!

となってしまうんですよね。Di2の場合はPCからディレーラーを精密に操作し、その設定値を記憶させることができます。ワイヤー式の場合、「右に2回転半」とか覚えていかないといけないんですが、それが本当に苦手なんです。

アジャストは33段階で調整可能
詳しい調整方法もPCの画面上に表示される

そして何よりもありがたいのは、電動式の場合ワイヤーが無いのでワイヤーの劣化による再調整作業自体が無くなること。外乱さえ与えなければ、理論上一度セッティングを決めてしまえば、ずっとそのまま快適に乗れるというわけです。

多段変速設定

実際にライドする上で地味に嬉しいのがこの多段変速機能。シフターのボタンを長押しすることによって、その時間に応じてギアが一気に変わるというものです。段数リミットを「無制限」に設定しておけば、一気に4段シフトアップすることも可能というわけです。

変速間隔時間、段数リミットを設定可能

もちろん変速タイミングはクランク回転数にも依存するので、乗り方や好みによって最適なセッティングを見つけることが大事です。

今のところ「速い」で様子見中

Garmin Edge 520Jとのペアリング

最後はDi2とサイコンのペアリング。サイコン上でギアポジションやバッテリー残量が確認できるという優れもの。特に愛機MERIDA CYCLO CROSS CANTI FRAMEはフロントシングル化しており、リアを1速から11速までフル活用するため、ギアポジションをサイコン上で確認できるのはとても助かります。

・・・が、ここで問題発生。

フロントギア切り替えられないっス

フロントディレーラーそのものが装着されていないのでANT+でサイコンとペアリングができず。購入前からこの機能を楽しみにしていただけにショックは大きかったです・・・(泣)

もし、フロントシングル仕様でのペアリングの方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、やり方をご教授願いますm(__)m


最後までご覧いただきありがとうございます。自転車ブログランキングに参加中です。ポチっていただけると今後の励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする