GRAPHIS GR-KIDSシェイクダウン。ストライダーキッズの底力を見た!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスプレゼントの自転車のシェイクダウンは近所の公園で。3歳の頃、借り物の14インチの自転車(補助輪無し)に乗れることは確認していたんだけど、自分の自転車に乗るのは今回が初めて。

予想どおり、ブレーキとギアチェンジを教えたら、あとは勝手にスイスイと。いわゆる「ストライダーキッズあるある」のひとつ、初めて補助輪無しの自転車に乗れた時の感動が全くないってやつですね(笑)

6歳(年長)としては標準身長の天馬だけど、20インチの車体は少し大きい。

まだゼロ発進は手こずるけど、慣れと成長で解決するでしょう。

基本操作、発進の練習に15分程度。後は勝手に乗り始めました。

ライダーが小さいとホイールベースが長く見える。ハンドルが少し遠いかな?

CRATONIのフルフェイスヘルメットのせいもあるけど、走っているシルエットがランバイクレースそのもの。目つきが真剣で、他の公園でファンライドを楽しんでる子達とちょっと違う(笑)

余程楽しかったのか、水分補給のために呼び止めるまでガンガン走る。ストライダーに関してもひたすらコースを連続で走るのが好き。たぶん天馬は、スプリントレースよりも耐久レース向き。

約2時間ほぼノンストップで周回(1周約300m)。さすがに最後は辛そうでした。

結果、自転車デビュー初日に20kmを走破。最高速度は21km/hをマーク。

自転車デビュー初日にやり過ぎた感はあるけど、黙々と熱心に走り込む姿はランバイクレースのそれと重なって親としては嬉しい。一緒にサイクリングに行ける日もそう遠くはないかも!?

コメント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする