痛筋トレ100km

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜日の夜。明日は雨の予報なので完全オフ。というわけで、仕事終わってからガッツリと通勤トレーニング。 通常、まっすぐ帰れば20km、1時間弱のところをぐるっと大回りして100km、4時間。さすがに仕事上がりでこれはきつかったけど良いトレーニングになりました。

三鷹→V坂→尾根幹→小山田周回→町田街道→津久井湖→相模湖→大垂水峠→昭島

 

まずはV坂から。本当は10本ぐらいインターバルトレーニングしたいところだけど、後の道程があるので今回は1本で通過するのみ。

新型コロナウイルスの影響で読売ランドも臨時休業。全然人がいなかった。

V坂の後は尾根幹線を南下。途中、夜練の集団に遭遇し、しばらく一緒に混ぜてもらったが、長い平坦&下り区間で千切られた。やはり尾根幹線でフロントインナーギアのみは厳しい。ギア比の見直しは急務か。

集団から離脱した(千切れた)後は、定番のトレーニングコース「小山田周回」へ。

夜でもローディに遭遇するので楽しい
小田急電鉄 唐木田車両基地

小山田周回コースをぐるっと1周回った後は再び尾根幹線をバビューンと南下。

尾根幹線は路側帯が広くて自転車に優しい

尾根幹線の終点からは町田街道でひたすら西へ。途中、国道413号(道志みち)に入って津久井湖方面へ。

真っ暗で全然見えないけど津久井湖
津久井湖の周辺は適度なアップダウンがあってヒルクライムを楽しめる

津久井湖を抜け、夜道のワインディングロードを楽しんだ後、目の前には相模湖が広がる。

湖の畔に広がる夜景がきれい
この付近は街灯がなく真っ暗。800ルーメン以上のライトは必須。
相模湖公園前で一服

国道20号(甲州街道)に入り、本日のメインディッシュ大垂水峠へ。

昔は走り屋の聖地だったけど、今はとても静か。
平均勾配は約5%と易しい峠だけど、ここまでにだいぶ脚を削られててきつかった。

大垂水峠を越え、高尾から昭島方面へ。ここまでで走行距離は90km。中途半端なので立川まで足を延ばし、距離を稼ぐことに。

昭和記念公園 立川口

ここで身体に異変発生。大垂水峠を越えたあたりから怪しかったけど、ハンガーノックに襲われる。ここまでで消費カロリーは約2,000kcal。夕食にコンビニのおにぎり2個を摂取したが足りなかった。

御守り用として携帯していたプロテインバーで栄養補給
昭和記念公園西側の新しい道路はとても走りやすい

補給後、昭和記念公園外周を走り切って無事に帰宅。なかなか走り応えのある通勤トレーニングとなりました。

 

獲得標高1,560m、メリハリのあるルートで良いトレーニングになった

 


最後までご覧いただきありがとうございます。自転車ブログランキングに参加中です。ポチっていただけると今後の励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。